緊急災害時の対応

警報発令時の対応

「愛知県全域」、「愛知県西部全域」もしくは「尾張東部全域」、または「名古屋市」に暴風警報、暴風雪警報、特別警報の発令の場合

  1. 始業前、午前6時までに警報が解除されないときは、午前中の授業を中止する。定期考査中の場合は当日の考査は中止する。実施できなかった考査は、当該考査終了日以降に実施する。(別途指示の場合がある)

  2. 午前6時から午前11時までに警報が解除されたとき、午後の授業を行う。

  3. 午前11時を過ぎても警報が解除されないときは、当日の授業を中止する。


* 但し、居住地域等に暴風警報等が出されている場合など、登校に際し危険が伴うと判断されるときは、安全な状況になってから登校すること。

  

* テレビなどでは「尾張東部では、大雨警報が出ている市町村があります」など、市町村をまとめた地域の名称で報道される場合がある。

  

* 「非常の場合の処置」として、生徒手帳にも記載があります。